睡眠時無呼吸症候群 専用サイトはこちら

コラム

コラム

むし歯は人にうつるの?実は感染症の一つです

むし歯

お口のなかの病気と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが「むし歯」ではないでしょうか。むし歯はお子さんからご年配の方まで、身近な病気のひとつです。むし歯にならないように、歯をしっかり磨いているつもりでも、ホームケアでは磨き残しもあってむし歯になってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

むし歯の原因は、ミュータンス菌といわれる細菌です。通称、「むし歯菌」と呼ばれるもので、糖分を餌にして酸を作り出します。この酸により、歯が溶けてしまった状態がむし歯です。そのため、糖質が多く含まれている甘いものをよく食べる人は、ミュータント菌が酸を作り出す環境が整い、むし歯になりやすくなってしまうのです。

むし歯はうつる!親子感染は特に注意を

生まれたばかりの赤ちゃんの口内には、ミュータント菌は存在しません。ミュータント菌がいない状態を保てば、歯が生えてきてもむし歯になることもないのです。

そこで注意したいのが、親から子どもへ、むし歯菌がうつってしまうことです。ミュータント菌は、唾液を介してうつるため、家族同士だからといってコップやおはしをお子さんと共有したり、大人が噛んだものを与えたりすることはやめておくことをおすすめします。愛情表現のキスも注意してください。

また、だらだらと食事を続けたり、水やお茶の代わりにスポーツドリンクやジュースをあたえたりするのも、できる限りやめておきます。だらだら食べをすることで歯から溶け出したカルシウムが、再び歯に戻る「再石灰化」のタイミングがなくなり、歯が溶けてむし歯になってしまうためです。

生え変わり

特に気をつけたいのは、歯が生えはじめる生後19カ月ごろから生えそろう31カ月ごろまでの期間です。ミュータンス菌に感染しやすいこの時期のことを、歯科では「感染の窓」とよんでいます。この「感染の窓」が開いている時期は、むし歯菌が極力、口に入ってしまわないように心がけましょう。また食事やおやつの時間を決め、保護者の方がしっかりブラッシングを行ってあげるなどして、むし歯菌を増やさないようにしてください。そうすることで、お子さんが成長してもむし歯ができにくい環境を整えることができます。

保護者の方のお口のケアも大切

食器の共有や口移しは行わないといった感染対策を徹底することはもちろんですが、ご両親をはじめ周囲の大人たちがお口のケアをしっかり行うことが大切です。お子さんと一緒に生活する大人の口の中に、むし歯菌がたくさんいれば、それだけお子さんの感染リスクが高くなってしまうためです。むし歯菌をまったくうつさないということは、実は不可能に近いため、極力感染の機会を減らしていくことが大事。生活を共にする大人の皆さんも、むし歯を治療し、口の中を清潔に保つようにしてください。

お子さんの歯の健康を守るには、家族そろっての口腔ケアが大切です。親子で定期的に歯科医院に通い、予防歯科に勤めましょう。

外観

久留米市のつやま歯科・口腔外科医院では、むし歯・口腔外科の治療や、小児歯科・予防歯科・インプラント・歯周病・睡眠時無呼吸症候群・ホワイトニングなどの幅広い診療を行っております。
口腔外科出身のドクターがお口にまつわる幅広い相談を受け治療を行うことで、地域のホームドクターとして皆さんのお口の健康をサポートしていきます。
広い駐車場も完備し、土曜も診療している通いやすい歯科医院です。

■住所
〒830-0053 福岡県久留米市藤山町745-4
■TEL
0942-65-9082
■サイト
【オフィシャルサイト】
https://tsuyama-oral.com/
【睡眠時無呼吸症候群専門サイト】
https://sas.tsuyama-oral.com/

〒830-0053 福岡県久留米市藤山町745-4
                           
診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00
         

▲…14:30~19:00

診療内容一般歯科 / 小児歯科 / 口腔外科